睡眠パーソナルトレーニングとは

睡眠パーソナルトレーニングとは

睡眠パーソナルトレーニングとは、日常生活内の環境においてストレス、慢性疲労、ホルモンバランスの乱れから睡眠リズムの崩れを改善するセッションです。

睡眠パーソナルトレーニングは、トレーナーの関わりによって、睡眠を運動ととらえ、よりスムーズに睡眠が取れる状態にするセッションです。

睡眠は、毎晩自然にまかせて行なっています。
眠くなったときに身体を横にさせ休息を与え、自然に眠っていくのを待つのです。

睡眠に入った後は、脳内の神経が睡眠リズムを取り、脳休息モードと身体休息モードを切り替えていきます。

睡眠パーソナルトレーニングでは、このモードを運動ととらえ、トレーナーの触覚刺激により、促通させます。

すると、睡眠リズムが脳と身体にリズムの変化という気づきにつながります。
自然に行なっていた睡眠を感覚によって自分で調整することができるようになります。

このようなアプローチを睡眠パーソナルトレーニングです。

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2つのリズム運動がある

睡眠パーソナルトレーニングのアプローチ方法は、睡眠リズムであるノンレム睡眠とレム睡眠それぞれを促進する触覚刺激をハンドリングで行なっていきます。

ノンレム睡眠では、脳が休息し、筋肉などの身体は活動的になります。
その間は、筋肉に対して、脳と感覚は起きているため、その感覚にハンドリングで反応に合わせて寝返り運動や各筋肉や関節の運動を感覚で与えます。

ノンレム睡眠中に、触覚を刺激すると、脳の休息はより高まります。
多くの女性が抱えている昼間の眠気、やる気が出ない、うつ症状などはノンレム睡眠での脳の休息が取れていないからです。

ノンレム睡眠で脳が休息できていないと、睡眠リズムの次のステージであるレム睡眠の脳の活動にも抑制がかかります。

前日に外界からインプットされた情報が整理され、定着するのがレム睡眠とされています。
レム睡眠がうまく取れないと、脳の活動が抑制され、前日までに学習された情報がまとめられません。

つまり、脳にインプットされた情報をまとめるのが学習ですので、レム睡眠が取れないと学習力が低下し、記憶が残っていきません。

睡眠パーソナルトレーニングを受けると、身体が超休息できるだけでなく、脳の学習効果にも有効です。

  • 受験勉強中のお子様
  • 資格試験が迫る方
  • 認知症予防したい方

睡眠パーソナルトレーニングは自宅出張スタイル

睡眠リズムの改善には、いつもと違う非日常空間ではなく、あなたが日々過ごしている自宅でセッションを行ないます。

自宅で行なうのは、私が21年間のパーソナルトレーニングで経験で非日常より日常の方がよい反応があると分かったからです。

特別な空間を作ってセッションをした時期もありましたが、自宅で行なうセッションよりも睡眠リズムの反応があまり出ませんでした。

このような理由から、女性の睡眠リズムを整えるには、いつも過ごされている自宅を使う方が効果が早いという事実を知りました。

ダイエットや筋トレ目的のパーソナルトレーニングでは、周囲に他の人が運動している中で行なう方がいいかもしれません。

みんなが頑張っているという雰囲気もモチベーションにつながりますからね。

睡眠という運動は、脳の中、心の中で行ないますので、自分の内面との

© 2020 Sign〜西日本初堺市・北摂限定睡眠パーソナルトレーニング Powered by AFFINGER5